終活、死ぬまでにやり残した小さなこと、2つ目

温かなマグカップ 死ぬまでのやり残した小さな100のこと

以前に、わたしが死ぬまでにやり残したことは、今まで着たことのない色を着ることでした。

最近、もう一つやってないことがあるのに気が付きました。
それは、毎日好きな食器で食事をし、お茶を飲むことです。

一人暮らしなので、何となくスリーコインズでかったお茶碗を使っていたり、かと思えば突如としてデザイナーズ食器を買って使っていなかったり・・・・・

そうじゃなくて、ちゃんと、今!今使いたいものを使いたい!
お洋服と同じように、今の自分にふさわしい食器を買いなおしたいと思いました。

食器も20年前とは進化していて、軽くて便利なものがたくさんあります。20年前からアップデートしていないものが、食器だったのです。

しかも、わたしの場合は、一日14時間はパソコンの前です。週に一回は机に飲み物をぶちまけてしまいます。

絶対こけないマグカップにすればいいんじゃないかな?と思ったので、絶対こけない形のマグカップを買いました。
南欧模様のカップ
それだけではなく、スープにも使える形のものにしました。
食器も減って、気分も上がって一石二鳥です。

もう誰かと暮らすことはないので、お茶碗も一個にしました。すっきりです。

この南欧模様も、ハワイアンキルト模様も、曼荼羅模様も、トルコのジャーミィも、この系統のものが好きです。わたしは勝手にデンデラ模様と呼んでいます。なんだか宇宙の図式みたいでわくわくします。



タイトルとURLをコピーしました